T2: Trainspotting [DVD] [Import]

ユアン・マクレガー,ユエン・ブレムナー/null

undefined

20年ぶりの続編ということで観た。
1作目は95、6年あたりに観たかな?当時滋賀に居て通勤の車内でサントラを聴いていたのを思い出す。
丸刈りのユアンマクレガー、音楽、服装、映像全てがカッコいいなと憧れていた。
あれから20年か~。

お金をかっさらって消えたユアンが街に戻ってくるところから話が始まる。
当時これ以上のものがあるか?と思っていたけれど時代は流れていく。
年齢が近いだけに、いつの間にかおじさんになって生きている感が身に染みるよな。
にしても今でもカッコいいけれどね。
ダサくても生きやがれ。
★3/5

[PR]
# by h-optimistic | 2017-10-15 00:14 | 映画 | Comments(0)

c0060627_15514687.jpg

最終日。バスのお迎えが来るまでの午前中が勝負!
バイキングの朝食もそこそこに、早めにホテルを出る。

最初に向かったのがホテル近くの「行天宮」という商いの神様が祀られたお寺。ここもカラフルで中華圏の寺院といった感じ。

日本の神社と同じように手を洗い、建物脇の小さな入口から中へ入る。
構内には多くの信者が整列し何か儀式をしていた。
雰囲気が真剣なので写真は撮らず、一緒になって手を合わせて出ることにする。

c0060627_16152783.jpg
ブォ~!
街は平日の通勤時間帯。やたらと原付バイクが多い。一昨年行ったベトナムとよく似ている。
(ベトナムの人が台北に来たら似てるなと思うんだろうか?)
お陰で街を歩いているとバイクツーリングの後みたいに喉が痛くなった。

最後はレトロな問屋街迪化街(ディーホアジエ)へ行ってみる。




More
[PR]
# by h-optimistic | 2017-10-06 18:14 | | Comments(0)

2日目後半戦。

夕方から「九ふん」に行くことに。
そう、台湾ツアーでは必ず出てくる赤ちょうちんが美しい街並み。
「千と千尋の神隠し」のモデルになったとも言われているので知っている人も多いと思う。
c0060627_19453647.jpg
九ふん入り口の駐車場より。

中国語で「九世帯」という意味。それくらい昔は何も無い田舎だったそう。
19世紀のゴールドラッシュで一気に人口が増えその後閉山するも、味のある街並みが観光地化されたのだそうだ。

台北から北東に40kmの海辺に在る。
今回の旅行は短かいので手軽なオプショナルツアーで行くことにしていた。



More
[PR]
# by h-optimistic | 2017-10-01 23:21 | | Comments(0)

c0060627_23234801.jpg
2日目。この日も晴天に恵まれる。前述の鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包をいただき中正記念堂へ行ってみる。
ごみごみとした雑多な感じの街並みが魅力的な台北だが、ここは対照的な一角。ものすごく広々としている。
真っ白な壁と蒼い(青よりこっちかな)瓦が太陽の光に照らされて清々しい。
思っていたより広大なところで終始圧倒された。


More
[PR]
# by h-optimistic | 2017-09-27 00:03 | Comments(0)

45歳になってしまった。完全に中身とギャップができている。
それがどうした。
前から行きたかった台湾で誕生日を迎えることにした。

今回これで行ってみた。
JTBお買得旅 旅のアウトレット(成田発)バニラエアで行く!台北3日間

c0060627_14490019.jpg

基本料金で32,800円!(航空チケット+ホテル)
一人部屋追加代金が18,000円(恥ず)がかかったがこれに空港送迎で+1,000円。
その他もろもろで55,000円弱!
実家に帰省するのに新幹線で往復30,000円することを考えると驚きの値段だ。

スケジュールはざっくり

1日目 AM移動
    PM台湾(ホテルチェックイン15:00)

2日目 終日自由

3日目 AM台湾(ホテルチェックアウト12:00)
    PM移動

台湾滞在は正味2日間弱。この中でやりたいことをあげてみた。

・街を歩く
・タイペイ101のエレベーターに乗る
・MRTに乗る
・小籠包を食べる
・マンゴーかき氷を食べる
・夜市へ行く
・九ふん(千と千尋の神隠しのモデル)へ行く
・衛兵交代式を見る
・中華式お寺へ行ってみる

出発時、ちょうど来ていた台風が気になったが何とか行けそう。
いざ出発!


More
[PR]
# by h-optimistic | 2017-09-23 15:17 | | Comments(2)